新築の費用はいくら必要?

新築の費用はいくら必要?

capture-20160128-151247

新築を建てるのにかかる費用は広さとどれだけこだわるのかで違ってきます。
大体の目安としては坪単価を使います。

坪単価とは一坪当たりにかかる費用のことで
新築を建てるうえで一つの目安となるコストのことです。

平均坪単価は、70万必要です。
しかしこの坪単価もハウスメーカーや施工業者によって違います。

新築の詳しい費用をるのであれば無料で見積もりを依頼することです。

悪質ハウスメーカー・工務店にあったら損をする?

タウンライフのハウスメーカーは全国対応で信頼のおける業者です。
ハウスメーカー各社のそれぞれの強みをしっかりと調べることで損をすることなく
新築の費用も抑えることができます。

タウンライフの新築の費用を辛口で評価します

新築を建てる時にどこへ依頼するのかによって費用も違います。
大きく分けて2つあり、ハウスメーカーと工務店です。提携している大手ハウスメーカーは、
タマホーム、アイフルホーム、住友不動産、パナホームなどがあります。
コンセプトもしっかりとしており、お客さん主体の家づくりがスタートできます。

「家づくりをする上で大切なこと」それは、結局、住む家族の個性です。家づくりでいちばん大切なのは「生活スタイルを、どうイメージするか?」その個性を活かした住まいのテーマを決めることが重要です。家族とあなたの大切な想いを大事にし、個性を生かした家づくりのテーマをみつけよう。

間取りプラン

成功する家づくりの原点は、「希望の間取り作成」を固めることです。
住み心地のよい家をつくるには、自分にとって良い間取りであることが必須条件。
使い勝手の良い、住みやすい間取りをご提案します。

注文住宅費用

注文住宅を建てる場合、大事なことは家を建てる総費用を事前に把握することです。
坪単価だけでは家は建てられません。本体工事費以外の諸費用を含めたあなた希望の家づくり見積書のご提案も可能です。

土地探し

成功する土地探しのポイントは、希望の家づくり理想の間取りを土地にあてはめることです。理想の住まい・希望の間取り、敷地の広さ、方位、日照、地盤、近隣環境、利便性、そして法令上の制限などを考慮して、土地探しと家づくりを提案します!

ライフタウン家づくりはこんな悩みを解決!

ハウスメーカーに工務店・設計事務所のどこが違うの?
家を建てる時に誰に相談すれば一番いいの?
仕事が忙しくて注文住宅の話が聞きにいけない。
自分の住みたい間取りって作れるのかなぁ?
会社によって見積もり金額が違うしどれを信じればいいんだろう?
どのくらいの予算でローンを組んだらいいの?

とりあえずネットの無料見積もりなので気楽に問い合わせることができます。
ひつこい電話営業もありません。
新築の費用の相談も応じて、専門化のアドバイスも貰えます。

タウンライフは全国の新築に対応

capture-20160214-125026

タウンライフは全国の新築・一戸建て・注文住宅に対応しています。全国300社が提携しているので
仕事で忙しい、まず簡単に見積もりを取ってみたいという方は利用することです。
時間の短縮にもなりますし、安い費用の業者が見つかります。

check2-5